ホーム > HSEスタッフブログ > 航海(後悔)日誌 > 日本ハムファイターズ、シリーズ制覇

日本ハムファイターズ、シリーズ制覇

  • 投稿者:Boss
  • 投稿日:2016年10月31日(月)

先週に引続き更新です。さて遂に日本ハムファイターズがシリーズ制覇をなし遂げました。ありがとうございます。これもひとえに、ファンの皆様からの熱い応援の賜物と、球団社長に代わりまして、こころから御礼申し上げます。因みに球団社長とは面識もなく、お名前も存じ上げません。当然先様も当方のことなど知る由もありません。じゃあ「何故アンタがそんなこと云うの」ですか?それは札幌ドームで27日に応援していたからですね。2勝2敗で迎えた第五戦、どちらが勝っても優勝に王手がかかる大事な一戦です。特に本シリーズは”内弁慶シリーズ”と揶揄されておりまして、互いにホームゲームには強い者同士で、相手球場で一勝した方が優勝する?と巷の評判です。ですからここは仕方なく大御所の私自ら応援するしかない状況なわけです。なぜに大御所?とかそんな枝葉末節なことはだれも気にしちゃいません。後で説明します。とにかくこの一戦は勝たなければならないのです。当日は寒いなか、バス/JR/地下鉄を乗り継いで球場に向かいます、いつも通りです。ハムの先発は加藤(勝とう)でゴロもいいですね!会社事務所から球場まで約50分かかります。早歩きでハァハァ云いながら席について電光掲示板を見ると2回裏、マウンドには体格のいいピッチャーが...(そうか、CSで加藤はソフトバンクに打たれたから筋力アップしてきたか、それにしてはやけに短期間で大きくなったものだ)と感心していると、選手一覧にP:メンドーサ??しかも1点リードされて満塁だぜ!たしかによく観るとピース又吉や女優の小雪を太らせた顔の投手だ。乱視が悪化しているのかな?だがしかしそこはメンドーサ、みごとにきり抜け相手に追加点を与えません。スマホで経過を確かめると、加藤は今日もダメだったようです。イニングが進みハムが同点に追いついたものの、その後は両チームとも残塁が多く均衡が破れません。こういう展開はだんだん眠くなってきます。ウツラウツラしながら(4万人が一斉に呼吸するから酸素濃度が下がって眠くなるんだ。だとすれば半分ずつ、たとえば奇数列のお客が吸うときには、偶数列のお客は吐きだせば常に2万人分の酸素があればいい勘定か、ムニュムニュと半分居眠りしながら、必勝の念を送っていました) とそのとき、周りから凄い殺気の嵐が。眼を開けると辺りは人の壁です。「ウォ~~」という地鳴りのような喚声に(すわ、シン・ゴジラか!)と咄嗟に身構えます。一呼吸入れて立ち上がって観ると、西川選手の満塁弾ではあーりませんか!しかも真っ赤に染まったカープ応援席のすぐ横に突き刺さりました。応援席の赤みが増したような気がします。血の涙を流したのでしょうか?結膜炎かもしれません。お大事に。二列前の綺麗なお姐さんもメガホンを打ち鳴らしています。思わず『君の名は』と尋ねようとしましたが、すぐ横に事務員さんが居たので思い留まりました。さて「大御所」の理由ですが、半分舟を漕ぎながらの応援でも、私が出向くと勝つからなんですねぇー    ジャンジャン

 

お気軽にコメントをお寄せください。

コメントする

※管理人にのみ表示されます。
コメント内容

※投稿されたコメントは、承認後表示されます。

post date*

トラックバック URL

▲Page Top