ホーム > HSEスタッフブログ > 航海(後悔)日誌 > こんなとこでも市場原理主義?

こんなとこでも市場原理主義?

  • 投稿者:Boss
  • 投稿日:2013年11月1日(金)

7月に永遠のゼロ“となり、久しく更新しておりませんで

皆様には大変ご心配をお掛けして申し訳ございません。

相変わらず「ゼロ行進中か?」とか「日ハムと同じか?」であるとか「興味ないから見てない」等々励ましの言葉を頂いております。 (週刊)実はブリ釣りはあのあと1度だけ行きました。結果は非常に価値ある5本です。 どれほど価値があるかといいますと、ジグ(@7千円)3本ロストしたので 2万1千円 + 船賃 + 弁当代 + 往復ガソリン代 + 一般管理費   ≒3万6千円/5=7,200円!なんと1本当り7千円を超える高級魚です 型物が多かったので1尾6㌕とすると7,200/6=1,200円/ これが1尾3㌕(I村氏の得意なサイズ)でしたらキロ2,400円もします。 いかがですか、読者の皆様?こんな高級魚を食べたことないでしょう... 因みにこの日1番釣った、たしかダンプM本氏は釣果15本にジグロストしていませんので1万5千円/15 = 1,000円/本となり、ずいぶんと安くなります。 つまりここでも〝市場原理〝がはたらきます。ですからこれから釣りをする人で高級魚を食したい方は、たくさん釣らないように心がけましょう。 もちろん「なんでそれが市場原理なんじゃ?」と云う意見もあるわけですが... さーて、久しく肉を食べていないので今宵は最近は流行りのステーキ(赤身+牛脂注入)でも食べますか?どこのレストランにしようかな?? 阪急阪神は遠いしリッツ・カールトンも手稲にないし・・・・ そうだ銭函のホテル ルナ・コーストにしよう!! えッ?ダメ?そこは目的が違うの? あーら残念!!     

 

▲Page Top